統計入門

シラバス | 日程 | リンク

シラバス

授業内容

統計学の基本的な手法を学習する.統計学の手法には「記述統計」と「推測統計」がある.「記述統計」は,データを整理・要約する手法の集まりである.「推測統計」は,現象の一部分を観測して得られたデータから,その現象の全体像を推測する手法である.本授業では「記述統計」によるデータ分析の基本を解説・演習する.

到達目標

記述統計の手法に基づいて正確なデータ分析ができることを目標とする.本授業で修得できる能力は「④論理的に思考する力」「⑤情報を整理し分析する力」である.

授業方法

授業ではパワーポイントを使用する.受講者はMy KONANから講義資料を事前に入手して予習し,授業の際は講義資料とノートを必ず持参すること.ノートにはスライドの内容を書き写すのではなく,要点のみをメモすること.また疑問があればノートにメモし,オフィスアワーに質問に来ること.

授業時間外における学修方法

受講者が予習・復習をすることを前提として授業を進める.ただ聴きに来るだけで授業内容を理解するのは困難なので注意すること.
(予習)講義資料の該当箇所を事前に熟読し,授業の要点を予想するとともに疑問点などをノートに書き出しておく.
(復習)授業でノートにメモした内容を読みやすく整理し,疑問点が残っていないか確認する.もし疑問点が残っていれば,それをノートにメモし,次回の授業までに教員に質問する.

履修条件

該当なし.

成績評価

平常点50点と期末試験50点の計100点満点で評価する.

欠席基準

期末試験を受験しなかった場合は成績評価を「欠席」とする.

教科書

My KONANで提供する講義資料を教科書とする.受講者は講義資料を必ず予習し,授業の際に持参すること.

参考書・資料

稲垣宣生・山根芳知・吉田光雄(1992) 『統計学入門』 裳華房
日本統計学会(編)(2012) 『日本統計学会公式認定 統計検定3級対応 データの分析』 東京図書
日本統計学会(編)(2017) 『日本統計学会公式認定 統計検定3級・4級公式問題集 2014~2016年』 実務教育出版

講義の進展にあわせて関連資料をMy KONANにアップしていく. 受講者は新しい資料のアップがないか,毎週1度はMy KONANをチェックすること.

授業関連事項

授業内容は高校数学I「データの分析」(統計検定3級相当)の延長線上にある.授業では根号計算可能な電卓(10桁表示)を利用する.第2回の授業までに必ず準備すること.なお関数電卓(三角関数等の機能を有する電卓)・携帯電話・電子辞書等の電卓機能の利用は不可とする.小テスト・期末試験でも持ち込み不可なので注意すること.

担当者から一言

受講者が毎回予習し,毎回出席することを前提に授業を進めます.欠席すると以降の授業の理解が困難になるので,可能な限り出席して下さい.また疑問は放置せず,ノートにメモしてオフィスアワーに質問に来て下さい.プリントを授業中に配布することがありますが,欠席してプリントを受け取れなかった場合はMy KONANから各自で入手して下さい.

その他

日程

  1. (4月11日)ガイダンス(データとグラフ)
  2. (4月18日)時系列データの見方
  3. (4月25日)横断面データの見方
  4. (5月2日)データの基本情報と特性値(代表値・散布度)
  5. (5月9日)データ分析レポートの作成演習(レポート1)
  6. (5月16日)データ計算演習(小テスト1対策講座)
  7. (5月23日)【小テスト1】/散布図と相関【レポート1提出日】
  8. (5月30日)データの共分散と相関係数
  9. (6月6日)データ計算演習(計算スキルの定着)
  10. (6月13日)相関と回帰
  11. (6月20日)直線の当てはめ1(最小2乗法による回帰係数の計算)
  12. (6月27日)休講
  13. (補講:7月1日,2限,10-21教室)直線の当てはめ2(決定係数による評価)
  14. (7月4日)データ分析レポートの作成演習(レポート2)
  15. (7月11日)データ計算演習(小テスト2対策講座)
  16. (7月18日)【小テスト2】/まとめ【レポート2提出日】
  17. (7月25日)定期試験

リンク

inserted by FC2 system