中級統計学

シラバス | 日程 | 復習テスト | 宿題 | 過去の試験問題 | リンク

シラバス

オフィスアワー

火曜4限,9号館7階724号室(村澤研究室)

授業内容

本授業は「確率」「統計」の2つのパートから成る.前半の「確率」のパートでは,確率変数・確率分布の概念を学ぶ.確率は統計学の理論的基礎となるだけでなく,不確実性に直面する経済主体の意思決定の分析においても不可欠である.後半の「統計」のパートでは,一部の観察(標本)から全体(母集団)について推測する「統計的推測」の方法論を学ぶ.本授業を通じて「統計的事実」と「真実」を区別する感覚が身につく.

到達目標

  1. 科目における到達目標

    本授業は日本統計学会公式認定「統計検定」2級に対応しており,「大学基礎科目としての統計学の知識と統計的問題解決力」の習得を目標とする.

  2. 専門教育科目表における到達目標

    A. 経済学における基礎的な思考法と分析手法を修得する.
    F. 社会において必要となるコミュニケーション能力,IT活用能力、プレゼンテーション能力,ディベート能力を身につける.
    G. 論理的・分析的な思考法を身につけ,問題を科学的に把握する能力を身につける.
    J. 課題を発見し,自ら調査し,解決策を導き出す能力を身につける.

授業方法

講義と復習テストを交えながら,教科書に忠実に授業を進める.またデータ分析の実習を宿題として課す.復習テストと中間テストはチェックして返却する.

準備学習

授業の前後に教科書の該当部分を必ず予習・復習すること(予習・復習各60分程度).

必要となる知識

「統計入門」「数学入門」の知識は必須. 「経済数学」「PC統計学」も履修済みであることが望ましい.

成績評価

宿題・復習テスト(50%)と試験(50%).すべての宿題について,全問に解答し(正答である必要はない),期限内に提出することが単位認定の必要条件.グループで取り組んでよいが,提出は個別に行うこと.また無料で学べるオンライン大学講座gaccoの「統計学II:推測統計の方法」を修了したら10点を加点する.

教科書

東京大学教養学部統計学教室編 (1991) 『統計学入門』 東京大学出版会 (授業に持参すること)

参考書・資料

高校数学の教科書・参考書
日本統計学会編 (2015) 『日本統計学会公式認定 統計検定2級対応 統計学基礎(改訂版)』 東京図書
日本統計学会編 (2020) 『日本統計学会公式認定 統計検定2級公式問題集 2017~2019年』 実務教育出版
加藤久和 (2012) 『gretlで計量経済分析』 日本評論社
イアン・エアーズ (2010) 『その数学が戦略を決める 』 文春文庫
西内啓 (2012) 『統計学が最強の学問である』 ダイヤモンド社

授業関連事項

担当者から一言

私の知る限り,賢くなるための唯一の方法は読書です.教科書も含め,良書をじっくりと読んで下さい.

その他

授業中に立ち歩かないこと.私語を慎むようお互いに注意すること.

日程

日程は進行状況に応じて調整します.教科書の該当部分を事前に読んでくること.

  1. (9月25日)ガイダンス, 統計学のキーワード(1)
  2. (9月29日)1変量データの整理(2)
  3. (10月2日)gretl入門2変量データの整理(3.1-3.3.5)
  4. (10月6日)確率(4.1-4.4)
  5. (10月9日)条件つき確率と事象の独立性(4.5)
  6. (10月13日)確率変数と確率分布(5.1)
  7. (10月16日)期待値と積率(モーメント)(5.2-5.3)
  8. (10月20日)チェビシェフの不等式,確率変数の変換(5.4-5.5)
  9. (10月23日)第1回中間試験
  10. (10月27日)代表的な離散分布(6.1-6.5)
  11. (10月30日)代表的な連続分布(6.6-6.9)
  12. (11月6日)多変量分布(7.1-7.2)
  13. (11月10日)多変量正規分布(7.3-7.4)
  14. (11月13日)大数の法則と中心極限定理(8)
  15. (11月17日)第2回中間試験
  16. (11月20日)母集団と標本(9.1-9.2.1)
  17. (11月24日)統計量の標本分布(9.2.2-9.4)
  18. (11月27日)正規母集団(10.1-10.4)
  19. (12月1日)2標本問題(10.5)
  20. (12月4日)点推定(11.1-11.2, 11.4)
  21. (12月8日)推定量の性質(11.3)
  22. (12月11日)区間推定(11.5)
  23. (12月15日)第3回中間試験
  24. (12月18日)仮説検定(12.1, 12.5)
  25. (12月22日)平均と分散の検定(12.2)
  26. (12月25日)適合度検定(12.3-12.4)
  27. (1月5日)回帰分析(3.4, 13.1-13.2.1)
  28. (1月8日)回帰係数の推定と検定(13.2.2-13.3)
  29. (1月12日)決定係数と分散分析 (13.4)
  30. (1月15日)統計検定2級模擬試験
  31. (1月19日)予備日
  32. (1月22日か26日)定期試験

復習テスト

  1. (9月25日)復習テスト1

宿題

  1. (期限:*月*日)宿題1

過去の試験問題

  1. 2009年度経済統計:第1回中間試験
  2. 2011年度経済統計:第1回中間試験
  3. 2013年度経済統計:第1回中間試験
  4. 2015年度経済統計:第1回中間試験
  5. 2016年度経済統計:第1回中間試験
  6. 2017年度経済統計:第1回中間試験
  7. 2018年度経済統計:第1回中間試験
  8. 2019年度経済統計:第1回中間試験
  9. 2016年度計量経済I:中間試験
  10. 2017年度計量経済I:中間試験
  11. 2018年度計量経済I:中間試験
  12. 2019年度計量経済I:中間試験
  13. 2009年度経済統計:第2回中間試験
  14. 2011年度経済統計:第2回中間試験
  15. 2013年度経済統計:第2回中間試験
  16. 2015年度経済統計:第2回中間試験
  17. 2016年度経済統計:第2回中間試験
  18. 2017年度経済統計:第2回中間試験
  19. 2018年度経済統計:第2回中間試験
  20. 2019年度経済統計:第2回中間試験
  21. 2015年度計量経済I:前期試験
  22. 2016年度計量経済I:前期試験
  23. 2017年度計量経済I:前期試験
  24. 2018年度計量経済I:前期試験
  25. 2019年度計量経済I:前期試験
  26. 2009年度経済統計:第3回中間試験
  27. 2011年度経済統計:第3回中間試験
  28. 2013年度経済統計:第3回中間試験
  29. 2015年度経済統計:第3回中間試験
  30. 2016年度経済統計:第3回中間試験
  31. 2017年度経済統計:第3回中間試験
  32. 2018年度経済統計:第3回中間試験
  33. 2019年度経済統計:第3回中間試験
  34. 2015年度計量経済II:中間試験
  35. 2016年度計量経済II:中間試験
  36. 2017年度計量経済II:中間試験
  37. 2018年度計量経済II:中間試験
  38. 2019年度計量経済II:中間試験
  39. 2009年度経済統計:期末試験
  40. 2011年度経済統計:期末試験
  41. 2013年度経済統計:期末試験
  42. 2015年度経済統計:期末試験
  43. 2016年度経済統計:期末試験
  44. 2017年度経済統計:期末試験
  45. 2018年度経済統計:期末試験
  46. 2019年度経済統計:期末試験
  47. 2015年度計量経済II:期末試験
  48. 2016年度計量経済II:期末試験
  49. 2017年度計量経済II:期末試験
  50. 2018年度計量経済II:期末試験

リンク

inserted by FC2 system